みどころ


                  50年前、人類は 史上初めて 月面に立ちました!

  本企画展では、人類が月に到達した歴史的事業である「アポロ11号」から50年になることを節目として、冷戦を背景にした
    宇宙開発競争と人類史上初の月面着陸を達成したアポロ11号をはじめとするアポロ計画の全容をご紹介します。

          人類史上最大級の【夢】に挑戦し、それを成し遂げた1960年代の宇宙活動のドラマを、
                    人類初月面着陸50年記念展に込めました。

    夢に向かって偉大な躍進を遂げた1960年代の輝かしい人類の姿を目の当たりにした世代には【誇りと再び夢】を、
   そして次世代を担う青少年には【夢と勇気とチャレンジ精神】を持つことのすばらしさをメッセージとして届けます。

                    今、あのころの “夢”と “挑戦”が よみがえる!

                  未来を生きるキミへ “夢”をもって “挑戦”しよう!!


              冬の企画展「月をめざしたアポロ展」の見どころをご紹介します!

マーキュリー宇宙船(レプリカ)

アメリカ初の宇宙船「マーキュリー」の実物大レプリカ。
船内もリアルに再現!

展示協力:佐久市子ども未来館 sakumo

月の石と月の砂

アポロ15号と16号が採取した月の石とソ連のルナ無人探査機が持ち帰った月の砂が《ゆめぎんが》に!!

展示協力:アメリカ航空宇宙局(NASA)/ロシア科学アカデミー

アポロ船外活動服(レプリカ)

アポロ計画で使用された船外活動用宇宙服のレプリカ。
船外活動服は約80㎏もあるのに、月で量ると約13㎏に!

アポロ船内活動服(実物)

アポロ計画最後のミッションのアポロ17号で、エバンス宇宙飛行士が実際に船内で着用した実物がやってくる!

展示協力:(一財)日本宇宙-フォーラム

プラネタリウム新番組 12月15日(土)~投映開始

保存禁止

©Mirage3D *無断転載を禁止します。


「スペースエイジ~宇宙を目指すものたち~」

人類初の人工衛星スプートニクに始まる本格的な宇宙開発、その後繰り広げられる有人飛行、月面への着陸。
宇宙探検における歴史的な出来事に次々と立ち会うことのできる番組です。
「月をめざしたアポロ展」と合わせてお楽しみください。

メッセンジャー 劇団ひとり、ナレーション 東地広樹

※投映時刻は投映スケジュールをご確認ください

※プラネタリウム観覧料が必要です